郡上建設業協会 一般社団法人 郡上建設業協会
501-4213 岐阜県郡上市八幡町殿町18-1
TEL: 0575-65-4300(代)
一般、会員向けコンテンツがあります。下記よりお選びください。 2017/8/23 Update


トップページを表示



今までに郡上建設業協会の顔として登場いただいた方のHistoryです。

2017年1月

(一社)郡上建設業協会
理事長 前田 守廣

新年明けまして御目出度う御座います。

輝かしい新年を迎え会員の皆様方には、ご壮健にお過ごしの事と思います。

 政権交代4年目に入り昨年は徐々に工事発注量も増加して、労務単価も毎年・毎年見直しされて、私達建設業も倒産廃業が此の4年間無くなりましたのも、皆さん方と力を合わせて国政選挙を始め各選挙に対応した結果かと思います。今年も知事選挙を始め、思わぬ選挙と向き合う事と思いますが、力を合わせて、良い地域作りに理解できる人を会員の皆さんと共に推進して行く所存ですので、ご協力程宜しくお願います。

 昨年に引き続き雪の少ない年と成りましたが、郡上の景気は年末年始の雪が大きく影響します。

 平成29年も会員の皆様と共に良い年で在る事を祈念して新年のご挨拶と致します。

     平成291月元旦



2017年2月

(一社)郡上建設業協会
副理事長 髙橋光男





 
 知事選挙皆さんご苦労様でした

郡上市大変良い成績だったと思います。
郡上市の期日前投票の四割近くが市内の建設業の皆様方のご努力だったと思います。

これによって我々建設業関係も少しずつでもよい方向へ向かうといいですね。

 さて我々建設業まだまだ厳しい時代がつづくと思われますが、知恵を出し合い行動をもって頑張りましょう。



2017年3月

(一社)郡上建設業協会
理事 下牧 穂積



 
みなさまお久しぶりです。お元気ですか。

 私たちは、何のために働き、何のために食するのでしょうか。

年を重ねた今日、もっともっと元気で長生きをしたいと思うのが当たり前に思います。

 世界の中で、日本では沖縄地方、イタリアではシチリア島、南米のグアテマラ地方などが100歳以上の長寿の方が多いと言われています。今、何が原因か研究が進み、ストレスのない生活、喜びの多い生活が長生きのもとと言われています。喜びの多い中でも食事や買い物をして喜ぶことなど、一時的な快楽は楽しみではありますが、それは違います。社会のためになることや、毎日を幸せに感じて生活することが長生きに必要なホルモンが発達してくるそうです。

 私たちの仕事は、それに反して、毎日の生活の中にストレスを感じたり、思い通りに行かないことが多いのです。

 できるだけ毎日を楽しく、社会のためになるよう、頑張りたいものです。




2017年4月

(一社)郡上建設業協会
副理事長 森下 光



 花の便りとともに、入学、入社、いろんな人生の新しい門出の時がやってまいりました。未来に向けて素晴らしい人生を創っていただけるように、大きな夢を持って頑張ってもらいたいものです。

 我々建設業は、職場環境の改善、勤務状況の見直しなどで休日を増やしていき、働きやすい環境整備に努めています。次世代を担う若者たちにも地域に根付き、地域に貢献する建設業に目を向けていただき、一緒に働いてもらいながら郡上市をより良いふる里にして行きたいものです。

 国際情勢、経済情勢には目を離せない状況が続いております。国の政治にも目を離せませんが、郡上市も新年度予算が決まり、より良い地域づくりがなされて行けるように、我々もお手伝いさせて頂きたいと思っております。

 皆様のご理解をお願いいたします。

 



2017年5月


(一社)郡上建設業協会
理事 二村 伸吾



 建設業界は震災復興・東京オリンピックなどの巨額事業に引っ張られて好調な景気予想が囁かれておりますが、なかなか我々地方ではそうした実感はないのが現実です。

そのなかで、新年度がスタートし多くの新卒者が夢いっぱいで社会人としての第一歩を踏み出されたと思いますが、好景気、売手市場の就職戦線のなかで業界の人手不足は今一番の課題といわれております。

 特に地方ではこの問題は深刻で、郡上市内でも新卒者を採用された会社は僅かです。

また、全国的にせっかく採用した新卒者の3割が3年以内に辞めるといわれ、生涯設計・働き方にさまざまな変化が生じています。

 私たちも人材確保のため、「週休2日制の実施」や「女性技術者の雇用」など労働条件・職場環境の改善に努めていますが、なかなか効果があらわれてきません。

そうしたなかで、こうした動きに一見逆行するかのような事例がありました。

 昔の英国の新聞広告に

「求む男子・至難の旅・僅かな報酬・極寒・暗黒の長い日々・絶え間ない危険・生還の保証なし・成功の暁には名誉と称賛を得る」

と南極探検の募集をかけたところ、5,000人の応募があったそうです。

こうした情報開示の持つ意義と効果・効用も考えてみる必要があると思います。





2017年6月

(一社)郡上建設業協会
副理事長 山下健一





  郡上に 真夏到来!

6月を迎え、いよいよ本格的な夏到来です。

今年は5月に入って暑い日が続き、5月早々からクールビズでした。

先日の気温は、郡上八幡が多治見と並び34.2℃と日本一の暑さでした。…でも、湿度がなく からりとして そんなに暑苦しく感じませんでした。

 やがて、梅雨に入りますが、このままの暑さではよほど覚悟しなければなりません。…こんな年は台風も気になります。

 郡上踊りも近くなり、踊りの関係者に会うとニコニコ笑顔で、ソワソワ感が伝わってきます。

やはり郡上の夏は最高です…是非 郡上の夏を愉しみに お越し下さい。感謝



2017年7月

(一社)郡上建設業協会
理事 野﨑 毅

建設業は郡上市の基幹産業の一つであり、暮らしの安全・安心に不可欠な産業でもあります。

県内建設就業者数は平成27年度でピーク時(H.12)の116千人から8万人で約30%の減少 さらに29歳以下の若年就業者数は2.5万人から8千人で68%も減少しているそうです。

各産業界も人材確保が課題と聞きますが、建設業の場合はもはや技術継承の危機でもあります。

現場担い手不足の対応策としてICTやイノベーションを目指しており、大変画期的なことですばらしいことです。ただICTはあくまでツールで手段にすぎません。第一の目的は作業の効率化・生産性の向上であり、手段が目的に変わってしまわないように我々組織や携わる者が注視しなければと思います。

いずれにしても時代の変化に対応した技術を扱える担い手の確保・育成が急務です。



2017年8月


(一社)郡上建設業協会
監事 木越 幹人

 
 今年も暑い夏が始まりました。

 郡上踊りも多くの観光客がやってきます。今年は郡上も観光立市を宣言され、前年以上に観光客が増えるのが予想されます。

 日本各地で豪雨災害、地震災害など多くの自然災害が発生し、多くの方が被災されています。
この地域でもその可能性はないとは言えません。
 
 我々市民のみならず、郡上を訪れる観光客の方々にも安全・安心な観光をして頂くためにも、我々建設業者は、災害の応急対応、また災害防除に力を注ぐよう努力していこうと思います。



















 




戻る
お問い合わせ・ご意見は、 info@gujo.or.jp まで
©Copyright 2002 郡上建設業協会.All rights reserved.Reproduction or copying of images is prohibited.